Facebook連携アプリ・ペアーズ(pairs)とは?

ペアーズ

ペアーズとは、累計会員300万人オーバーの
Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービスです。
こちらが公式サイトですね。



おそらく、Facebookに登録している方なら、
一度は広告で見たことがあるのではないでしょうか?
結構過激な女性の広告の印象があります(笑)

 

ペアーズ(pairs)モデル・小瀬田麻由のFacebook広告に男性歓喜!女性と広告の画像が違う!

 

Facebookを利用した同様のサービスは、
ペアーズ以外にもありますが、
会員数が多いので、一番おすすめのサービスです。

 

ペアーズ(pairs)の料金は高い!?他のサービスと比較してみた

 

パソコンでも利用できますし、
ペアーズのiPhone、アンドロイドアプリも出ており、
気軽に利用することができます。

 

まずは、ペアーズがどんなサービスなのか、
解説します。

 

Facebook連携アプリ・Omiaiとは?

 

続きを読む

 

スポンサーリンク

ペアーズとはどんなサービス?

ペアーズ検索

ペアーズとはFacebookを利用した
恋愛・婚活マッチングサービスです。
まずは、プロフィール、写真等を登録します。

 

自分の希望する相手の条件を入力し、
検索し、「この人いいな♡」と思った人に、
いいね」をします。

 

この「いいね」は相手に通知され、
相手も「いいね」を返してくれてマッチングすると、
相手と連絡を取ることができます。

 

ただし、いいねは無料でできますが、
相手とメッセージのやりとりをするには、
男性は料金が発生します。

 

基本的には、最初は無料で登録し、
マッチングしたら課金すればOKです。

 

ペアーズ(pairs)の男性・女性の料金は?料金がクレジットカード、AppleID決済、GooglePlay決済で違う!?一番お得なのは?

 

なんとなく理解できたでしょうか?
アプリ上でのメッセージのやりとりは、
ラインのように吹き出しの会話形式で
やりとりできます。

ペアーズメッセージ

私は、基本的にはペアーズのアプリで、
最初少しやりとりした後、
LINEに移行という流れになると思います。

 

おそらく他の人も同様の流れで
やりとりしているのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

実際出会えるの?

ハート型の雲

 

実際、私もペアーズに登録しています。
はじめたばかりですが、
マッチングした女性と何度も会っています。

 

つい先日は、同じ市内に住む
歯科衛生士の方と会ってきました!

 

婚活のサービスというと、悪い言い方をすると、
普通に恋愛できないような容姿があまりよろしくない人が多い
・・・という印象があると思います。

 

しかし、登録すると分かりますが、
大半が顔写真を載せており、
好みの異性を探すことができ、
しかも、可愛い女性、イケメン男性も多いのです。

 

やはり、他の同様のサービスと比較して、
会員数が多いため、その分可愛い女性、
イケメン男性が多いと言えます。

 

出会いに困ってなさそうな容姿の人でも
意外に出会いが無いようで、
登録しているようですね。

 

Facebookでの広告の効果も大きいと思います。
こんな広告を見たら登録したくなりますわ!

 

ペアーズ(pairs)モデル・小瀬田麻由のFacebook広告に男性歓喜!女性と広告の画像が違う!

 

私の住んでいる地域は結構田舎なのですが、
他のサービスと違って、
ペアーズはそこそこ会員がいます。

 

ちなみに他社のサービスで同じ条件で
検索してみたら、会員数は1/3ぐらいでした!

 

都会ならものすごい数の会員がいて、
毎日会員数が増えてますので、
より出会いが期待できると思います。
(都会がうらやましい・・・)

 

交際に発展したカップル、結婚したカップルも多く、
幸せレポートとして、ペアーズのサイトで
紹介もされていますので、ご覧ください♪

 

ペアーズ幸せレポート

 

まとめ

・ペアーズとは、Facebookを利用した恋愛、
婚活マッチングサービスです。

 

・ペアーズは、気に入った相手に、
いいねを送ることができ、
相手にいいねを返してもらえると、
マッチング成立!

 

・マッチングした相手とメッセージの
やりとりをするには、男性のみ有料です。

・交際、結婚に発展したカップルも多く、
実際に出会えるサービスです。

 

ペアーズ(pairs)が真面目な出会い系で最も評判が良い理由は?

スポンサーリンク

読んでいただきありがとうございました!


ペアーズ



関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ